個人飲食店開業準備④いざ、保健所検査2017年6月22日

【個人飲食店開業支援実例】
保健所検査前にちょっとしたトラブルもありましたが、
無事に検査開始。

新しく飲食店営業するときの手続きの流れを簡単にまとめると

1【事前相談】
2【営業許可申請】(書類の提出)
3【施設検査の打合せ】
4【施設の確認検査】
5【営業許可書の交付】
6【営業開始】

といった大まかな流れがあります。

今回は手続きの流れの
4【施設の確認検査】となります。

施設が申請のとおりか、施設基準に合致しているかを
保健所の担当者が確認します。

  • 検査の際は営業者が立ち会うことになっている。
  • 施設基準に適合しない場合は許可がおりない。
  • やり直しの場合は、指摘された改善箇所を直し、再検査となる。

「どんな感じで検査されるか?」
「どんなことを聞かれるのか?」
初めてのことで不安になるかもしれないが、
施設の確認検査という通り
決められた通りの基準になっているか?
を確認する検査なので、
事前に保健所に相談した際に指摘されたことができていれば問題ない。

今回の検査も、その基準ができているかどうかを
申請した図面をもとに一つ一つ確認された。

全部の確認が済むと、
どんな料理を出す予定なのか?
営業時間は何時から何時まで
と聞かれて検査終了。

無事に検査が通った。

検査終了後に、
依頼者に「ありがとう♪緊張して、
頭が真っ白になったときに、代わりに答えてくれて。」

といわれたが、
何回も経験してもこういった場面が苦手な人も多い。

緊張して、質問内容が理解できず、
再検査になってしまった。
という声も聞く。

緊張しなくても大丈夫ですよ
といっても緊張するものはすると思うので、
対応としては、
事前準備をすること。

事前準備とは、
事前相談で指摘された箇所は、
検査当日確実に確認される場所なので、
保健所に申請した営業許可申請書のコピーを用意。
特に営業設備の配置図を見ながら、
保健所の方は検査するので、
同じ営業設備の配置図を持ちながら、
検査員に質問されたときに
答えると緊張しながらも、
しっかりとした受け答えができる。

また、今回の依頼者のように、
一緒に立ち会ってくれる人がいると一人の時よりも
緊張しないで対応ができる。
身近に、一緒に立ち会ってくれると心強い人がいれば、
その人に頼んで検査に臨めば、緊張して失敗したといいことは減ると思う。

株式会社 鳥取フーズ
個人飲食店開業支援部

 

 

個人飲食店開業準備③保健所の検査前にトラブルが2017年6月21日

【飲食店開業支援事例】

今日は、保健所の検査日。
依頼者と一緒に立ち会いました。

現地集合。

何か問題があれば、
雑用ができるように少し早めに現地に向かう。

検査時間の30分前に到着。
現地に依頼者の姿がない。
物件は開いていない。

「あれ、ずいぶんゆっくりしているな」

てっきり、昨日の電話で
大家さんと一緒に立ち会うという段取りになったと聞いていたので。

5分後、依頼者が慌てた様子で到着

トラブル発生。

鍵がない。鍵が届かないので物件が開けれない。

朝に、大家さん、不動産屋さんにに電話しても連絡がつかない。

幸い、物件からは、仲介した不動産会社が近いので、
依頼者が直接いってみることに。

その間、物件の前でお留守番。
留守にしている間に保健所さんがきたら、
依頼者に代わって状況を説明しようと思いました。

無事に不動産会社さんに連絡がついて鍵到着。

物件のドアを開けて保健所の検査時間がぎりぎりセーフ。

開業準備にあたって、
必ず、問題はなにかしら発生するもの。

鍵がないときは、
頭の中で、この後の対策をねっていました。

不動産会社か、大家さんに連絡がつけば、どれくらい遅れるかを聞いて、
すぐこれそうなら、保健所に少し現場で待ってもらえるように交渉しよう。
また、午後の検査に変えてもらえるようにお願いしてみよう。

このまま連絡がつかず、鍵が届かないときは、最悪、検査日が遅くなる。
今日検査が明日検査できるかは、ほかの検査があるかどうか?
ちょうど、空いていたのがたまたま相談にいった次の日というだけで、
予定が入っていれば、次の検査はだいぶ先になることもあるかも。

そうなれば、ほかの作業をどんどん進めて、
保健所の検査が通って、営業許可書がくれば
即開店という段取りを立てないといけないな。

頭のなかで、大まかな段取りを立てて、
もし今日間に合わなくても、大丈夫。
というところまでは考えました。

とりあえず、無事に検査をすることができました。

株式会社鳥取フーズ
個人飲食店開業支援部
鳥取県鳥取市今町2丁目117番地
マスミビル3F






個人飲食店開業までの準備①飲食店移転開業支援実例2017年6月18日

【個人飲食店開業支援事例】
今日は、昨日の物件調査も終わり、
店舗に問題がなかったので、
依頼者と移転準備の打ち合わせ。

現店舗の退去は7月15日までが最終期限。

店舗物件を下見するまでは、
現店舗の最終営業日を7月13日予定。としていたが、

昨日の、店舗調査から、
保健所の検査で問題になる設備がすべてそろっていたことから
移転作業を速めて
6月27日まで営業として7月1日から新店舗オープンという案も浮上。

今日は、日曜日なので、
明日18日月曜日に、保健所にまずは、電話をして相談すること。

過去に営業していた店名を出して、
保健所にその当時の提出された図面がないか?
を問い合わせること。

新店舗の電気・ガス・水道の手続きの日を決める。
作業に入るときに、電気が使えない。水が使えない。
と掃除もできない。夜に作業ができない。
厨房設備が実際に使えるのかどうかの最終確認もできないので、
忘れずに連絡をすること。

荷物を運ぶ軽トラを借りるので、
貸してくれる知り合いに連絡すること。

等をミーティングする。

今回の店舗移転は、急に決まったことなので、開店するまでの準備期間が短い。

優先事項として、
店舗退去期限までに移転を完了し。
お店を開店することが目標。

お店を開店してから、
作業できることは、
時間が短いので後回しにする。

「保健所の検査に合格し、営業許可書を移転期限内までとり
無事にお店をオープンすること」

開業の準備にあたって、スケジュールを立てて
全体の流れを把握しながら、進めること。
A4サイズのコピー用紙でいいので、計画を立てていく。

逆算して計画を立てないと、予定のオープン日にまだ、
保健所の検査がしてなくて、営業許可が下りていないので、
オープンできない。

ということが起きるので、
何日までにこの作業をしたいので、連絡をこの日までにする。
という流れを紙に書き起こしながら、確認していく。

また、開業準備は自分ひとりで作業するものではないので、
営業許可は保健所
電気は電力会社
水道は水道局
ガスは、ガス会社
などなど。

複数の関係者と連絡を取り合いながら、作業をしないといけない。

スケジュール表があることで、連絡がやりやすくなる。

株式会社鳥取フーズ
個人飲食店開業支援部
〒680-0822
鳥取県鳥取市今町2丁目117番地
















開業物件候補の現地調査⑤飲食店移転開業支援2017年6月17日

【個人飲食店開業支援事例】

保健所の検査で確認される
厨房内の手洗いがついているかどうか?確認する。
この物件は、飲食店の居ぬき物件。

飲食店の居抜き物件の場合、
一度は、保健所の検査を通っているので、
その設備が残っているかどうか?
を確認。

前の借主が退去するときに、原状回復として、
設備を撤去している物件もあるので、
飲食店の居抜き物件としても
保健所の検査で確認される設備があるかどうか
は忘れずに確認すること。

ガスコンロの確認。
大家さんに確認する。
残っている厨房器具はそのまま使っていいのか?
確認する。
無償かどうかそれとも、譲り受けるのにお金がかかるのか?
確認すること。

今回の物件は、もともと飲食店を営業していた方が大家さんなので、
ご厚意で無償で使用できることに。

大家さんの考え方によって、
判断が違うので、
個人で開業する人は、一番大事なことは、
よい大家さんに出会えること。

これが大事だなと改めて実感。

使えるものがあれば、自由に使ってと言っていただけたので、
開業費用を安くすることができそう。

ダクトもしっかりとしたものがついており
このまま使用しても問題なし。

ダクトがしっかりしたものがついていないと、
出せる料理メニューが制限される。
焼鳥屋、中華料理といった料理だとダクトがしっかりしていないと、
店内に煙が充満してしまう。
となると、自分で新しいダクト工事をしないといけなくなるので、
開業費用にダクト工事を追加しないといけなくなる。

今回の依頼者さんの出す料理で、このダクトなら問題なし。
ダクト工事の費用はかからない。

厨房内には、製氷機と台下冷蔵庫がある。
こちらも無償で使用してもOK。

ありがたい。

依頼者の前のお店は、製氷機がなかったので、
冷蔵庫で氷を作って保管していたが、
これで、夏場のドリンクの氷の心配がなくなった。

ガスの確認。
厨房内にある。
ガスを引かなくても、OK.
ガス管の場所を図面に書き、それに合わせて、
ガスを使用する厨房機器の置き場所を決める。

排水の確認。
グリストラップあり。

今回の物件は
飲食店開業にあたって全部がそろっている。

非常に珍しいラッキーな物件。
安く開業できそう。

株式会社鳥取フーズ
個人飲食店開業支援部
〒680-0822
鳥取県鳥取市今町2丁目117番地
マスミビル3F

開業物件候補の現地調査④飲食店移転開業支援2017年6月17日

【個人飲食店開業支援事例】
店舗の外観のチェックが終われば、
ついに店舗の中を確認する。


事前にチェックリストを作成して
チェックすると、確認漏れはなくなるので、
簡単なA4サイズのコピー用紙でいいので
店舗確認チェックリストを作成しておこう。

持ち物として
店舗確認チェックリスト
デジカメ
メジャー

を持っていくと役に立つ。

チェックリストを見ながら順番に確認していくのだが、
どんなお店ができるのか?イメージしてほしい。

大家さんや、不動産会社さんが立ち合いのもとで店舗を見るときは、
時間がない場合も多い。

備品や設備をチェックするという実務的な作業とは別に、
自分がこれから始めるお店作りの第一歩として、
まだがらんとした店内に、自分が作りたいと思う店をイメージする。
どんな内装にしようか?
どんな感じのお客さんと自分がどんな感じで営業しているのか?

すごく抽象的な表現になるが、
物件を見た瞬間に、
自分が楽しそうにお客さんと笑っているイメージがでてきた。
という店主さんもいる。

なんか、やな感じがするな。
ともし思ったら、他の条件が良くてもやめたほうがいい。

言葉にできないが、開業する自分が嫌だと思う物件で開業しても
やっぱりうまくいかないことが多い。

あせらず、次の物件を探したほうが結局は、
近道のことが多い。



株式会社 鳥取フーズ
個人店開業支援部
〒680-0822
鳥取県鳥取市今町2丁目117番地
マスミビル3F
鳥取駅北口徒歩4分

開業物件候補の現地調査③飲食店移転開業支援2017年6月17日

【個人飲食店開業支援事例】
店舗周辺を確認しながら、
開業予定候補の物件に到着。
よし、中に入ろうとする前に
一呼吸。

店舗の外観のチェックをする。

飲食店は開業してからが勝負なので、
いかにお客様を集客するか?
販促活動が大事になる。

販促で手軽にお金をかけずにできることが店頭看板。
A型看板。ブラックボード。POPをはる。
などなど、お店周りで販促活動ができるかどうか?
は店舗経営を続けていくうえで大事な要素。

そして、あなたが作る理想のお店のイメージが作れるのか?
外観のチェックをする。

販促活動をするにあたってのチェックポイント
☑前のお店の看板があるかどうか?確認
☑遠くからお店の存在を告知できる袖看板(突き出し看板)があるかどうか?
☑看板を照らす照明があるかどうか?また、使えるかどうか?
☑A型看板・ブラックボードなどがおける場所があるか?
☑この店舗のように、テントがある物件は、テントが破けていないか?
☑自分がイメージする店舗にテントがあっていない時は、テントを撤去できるかどうか?
などを一つ一つ確認する。
気になることがあれば、遠慮なく大家さんに質問すること。

なぜ、このチェックポイントを確認するかというのは、
開業費用の看板作成の経費が削減することができるから。

前の人が使っていた看板の土台があれば、
その土台を利用して、看板シートだけを作成して
張り替えるといった依頼で経費を安くあげることができる。
また、看板を照らす照明がついていれば、電球を取り換えるだけで
使えるので開業費用を抑えることができる。

特に、看板の照明工事は費用がかかるので、
最初から照明があればその費用がかからない。

看板はつけても、照明はいらないのでは?
と思う人もいるかもしれないが、
夜営業するお店には自分のお店を見つけてもらうために
必要となる。

依頼する看板屋さんが決まっているのなら、
一緒に見に来てもらって気になる点を指摘してもらうと
心強い。

店舗外観についてのチェックポイント
☑駐車場はあるのか?ある場合は何台止めれるか?
☑自転車が止めれるスペースはあるのか?
☑店舗外にコンセントはあるか?

このチェックも大事となる。
自転車で来たお客さんの駐輪する場所がない場合はどうするのか?
自動車の場合は、駐車スペースがなければ、近くにコインパーキングがあれば、
駐車券をサービスするなどの対策がとれる。

店舗外にコンセントがあれば、
A型看板にスポットライトをつけることができる。


株式会社鳥取フーズ
個人飲食店開業支援部
鳥取県鳥取市今町2丁目117番地
マスミビル3F
鳥取駅北口から徒歩4分




開業物件候補の現地調査②飲食店移転開業支援2017年6月17日

【個人飲食店移転開業支援事例】

前回の内容はこちら↓
開業物件候補の現地調査①

実際に店舗を確認するときは、店舗周辺の様子を確認しながら、チェックする。

お客さんが徒歩または、自転車で来店する物件と。
お客さんが車で来店する物件では確認する内容が違う。

今回の物件は、町の中心地で繁華街に立地する。
想定されるお客さんは、徒歩または、自転車で来る可能性が高い。

お客さんの目線にたって、物件はどのように見えるか?
物件の周辺にはどんな建物があるか?
どんなお店があるのか?
駐車場の有無。
近くに有料駐車場はあるか?

店舗周辺を歩くことで自然とチェックできる。

店舗の内覧だから、車で店舗に横付けして
店舗の中を確認して終了。
そのまま契約。

開業後にご近所トラブルで、
イメージしていたお店作りができなかった。
ということもある。

お店というのは、店舗の中だけではなく、
店舗周辺を合わせてお店と考える。

また、前に借りていた人がどんな理由で辞めたのか?
雑談で良いので聞いておくと無駄なトラブルにあわない。

「隣の住人と駐車場のことでもめていた。」
「近隣住民に煙のことでクレームを言われてやめた」

こんな感じの情報は、
大家さんや不動産屋から聞けることはないが、
前の借りていた人がやめた理由を聞いておくのは
大家さんの本音も聞けたりするので、
どんな大家さんかを判断する材料になる。
契約する前は、いろいろ質問ができるいい機会なので
積極的に大家さんから話を聞きたい。

個人の開業では、借り手の入れ替わりが激しい物件を紹介されることが多い。
「物件のことを知っている知人に相談すると、
誰がやっても流行らない建物、続かない物件」
と言われる物件。

どの地域にもあると思う。

この誰も続かないという物件。
なぜ、続かないのか?
契約前に、知っておきたい。

契約して、お店を開業。お店は閑古鳥。
仲良くなった近所のお店のマスターに、
「前の人も続かなかったからな」
と言われる前に、情報収集しておきたい。

何が原因なのか?

隣の住人ともめて、お客さんの自転車を不法駐車だと警察に通報された。
朝の6時に、突然怒鳴り込まれた。

実際に知り合いの飲食店経営者におきた実話。
誰も続かない物件には、必ず何らかの理由がある。

その理由を調べて、
その原因を自分は、今までの開業者と違って改善できると思えば、
家賃交渉で相場の家賃より安くすることも可能になる。

飲食店開業支援事例
第1回 開業候補物件の現地調査①

株式会社鳥取フーズ
個人飲食店開業支援部
〒680-0822
鳥取県鳥取市今町2丁目117番地マスミビル3F
鳥取駅北口から徒歩4分

開業物件候補の現地調査①飲食店移転開業支援2017年6月17日

今日は、現在の営業場所から移転して
新しくお店をオープンする予定の依頼者のお手伝い。

開業支援の依頼者さんが不動産屋さんから紹介された、
開業予定の物件(テナント)の中を確認する。

実はすでに、
前日に依頼者から
住所を教えてもらっていたので、
物件(テナント)を一度前日夜に確認済み。

今日は、鍵を借り、依頼者と一緒に店内の様子を一通り確認する。

チェック項目としては、
☑保健所の検査で大事な、手洗いが厨房と客席に各1つついているか?
☑保険所の検査で大事な、厨房と客席の扉はあるか?
☑排水、グリストラップの確認。
☑ダクト(排気工事)の有無
☑電気のブレーカー容量
☑エアコンの有無
☑トイレは洋式トイレか和式トイレか。
☑コンセントの位置。
☑ガスの確認。都市ガス?プロパン?
☑前の住人が残したものがないか?不用品はないか?

などなど、
☑項目として並べていくとたくさんあるが、
1つ1つの確認はそんなに時間はかからない。

専門知識が必要な内容については、
後日、業者さんと一緒に確認することも多い。

開業のノウハウ本に書いてある内容をチェックリストにして確認すれば、
大きな失敗はない。

開業の経験者として何かアドバイスをくださいと言われれば、
「物件の下見、内覧は一人で行かない。
一人でお店を始めるとしても、複数で行くことをお勧めする。」

できるだけ、自分にとってホームにすること。アウェーにしない。

1人で不安になりながら、
物件をチェックしても、焦って見落としてしまう可能性が。

また、複数の目で物件の確認をすることで、
自分では気づかないことを指摘されることも多い。

開業支援のノウハウ本に書かれていないアドバイスとしては、
物件を借りる前の下見で一番大事なことは、大家さんとの相性。

大家さんが直接テナントを管理している場合と、
仲介する不動産会社がテナント管理していて、
大家さんは管理していない場合がある。

もし、大家さんが管理しているテナントの場合は、
自分と大家さんの相性も契約前にチェックしたい。

あまり知られていないかもしれないが、
売上的には問題がない物件でも、大家さんとの相性が悪く、
移転する人も多い。

商売を始めてしまえば、関係ないと思う人も多いと思うが、
商売を始めていくと、新しいエアコンを増設したい。
看板をつけたい。トイレを直したい。
いろいろと大家さんにお願いすることも多い。

相性の良い大家さんだと、スムーズに話がまとまることも、
相性が悪い大家さんだと、急に出て行ってくれと言われることもある。

幸い、当社が経営する飲食店の大家さんは、
店舗経営に理解のある大家さんで、
他のお店の大家さん事例を聞かされるたびに、
「いい大家さんでよかった」と
心から感謝している。

物件の下見では、
大家さんに積極的に質問をして
自分と相性がよいのか?という目線で
チェックしたい。



株式会社 鳥取フーズ
開業支援部
〒680-0822
鳥取県鳥取市今町2丁目117番地マスミビル3F
鳥取駅北口徒歩4分