■ 開業物件候補の現地調査④飲食店移転開業支援2017年6月17日

【個人飲食店開業支援事例】
店舗の外観のチェックが終われば、
ついに店舗の中を確認する。


事前にチェックリストを作成して
チェックすると、確認漏れはなくなるので、
簡単なA4サイズのコピー用紙でいいので
店舗確認チェックリストを作成しておこう。

持ち物として
店舗確認チェックリスト
デジカメ
メジャー

を持っていくと役に立つ。

チェックリストを見ながら順番に確認していくのだが、
どんなお店ができるのか?イメージしてほしい。

大家さんや、不動産会社さんが立ち合いのもとで店舗を見るときは、
時間がない場合も多い。

備品や設備をチェックするという実務的な作業とは別に、
自分がこれから始めるお店作りの第一歩として、
まだがらんとした店内に、自分が作りたいと思う店をイメージする。
どんな内装にしようか?
どんな感じのお客さんと自分がどんな感じで営業しているのか?

すごく抽象的な表現になるが、
物件を見た瞬間に、
自分が楽しそうにお客さんと笑っているイメージがでてきた。
という店主さんもいる。

なんか、やな感じがするな。
ともし思ったら、他の条件が良くてもやめたほうがいい。

言葉にできないが、開業する自分が嫌だと思う物件で開業しても
やっぱりうまくいかないことが多い。

あせらず、次の物件を探したほうが結局は、
近道のことが多い。



株式会社 鳥取フーズ
個人店開業支援部
〒680-0822
鳥取県鳥取市今町2丁目117番地
マスミビル3F
鳥取駅北口徒歩4分