個人飲食店の無料店舗PR方法~Google マイビジネス(2)2017年11月8日

株式会社鳥取フーズ個人飲食店開業サポート部です。

今日は、無料で、簡単に店舗をPRする方法です。

今回ご紹介する方法は
Google マイビジネス」です。

機能としては、投稿。写真。を使用しています。

投稿機能はは、画像登録と、100文字から300文字の文章を載せることができます。

当社が運営するお店「北の大地」では、
・週末の空席状況
・お休みのお知らせ
・ライン@の友達追加の募集
・年末年始の営業のお知らせ

などを投稿しています。

投稿してすぐに、情報が反映されるので、お客さんに最新の情報を届けれるイメージです。
Google マイビジネスの魅力は3つあります。

①掲載費用が無料
②ブログ、フェイスブック、メールに慣れている方なら、操作が簡単。
③検索サイトであるグーグルマップの店舗情報に自分で情報を発信できる。

特に個人で飲食店を経営する場合、使える広告費に限りがあります。
その点、Google マイビジネスは無料で使えます。
無料で手軽に自店舗の情報を発信することができます。
また、難しい作業がないので、時間が掛からないのも魅力です。
費用が無料だとしても、作業時間が掛かる集客作業だと費用対効果が悪くなります。
特に、個人で飲食店を経営をしている場合は時間がいくらあっても足りないとなりがちです。
仕込みも自分。営業も自分。買い物も自分。経理も銀行の用事も自分となります。

毎日更新するとしても、1日に10分あれば更新作業が簡単に行えます。

タブレットで作業ができるので、仕込みに入った時間に写真を撮影。
今日の空席状況や、おすすめメニューを投稿するといった使い方もできます。

写真の機能は、画像を登録する作業だけです。
画像に説明文を入れる作業はないので、こちらも時間をかけずにアップしていけます。

項目として、
・店内の写真
・外観の写真
・食べ物や飲み物の写真
・メニュー写真
・スタッフの写真
と項目がわかれています。

グーグルのアドバイスに
『写真をたくさん登録すると表示回数が増えます』
というメッセージがありました。

アドバイス通りに、写真を登録していくうちに
表示回数が増えていきました。

始めたばかりは、他店と比較して表示回数が少なかった北の大地でした。
しかし、現在は、
写真を登録を増やして現在は表示回数がふえました。

写真の表示回数が増えるということは、お店の見込み客。
来店予備軍にお店の存在を知ってもらえるきっかけになります。

すぐに来店されなくても、何かのきっかけで来店してもらえるお客様。
そんなお客様を無料で集めることができるのは、個人飲食店として魅力です。

また、実際にお店を営業している立場として魅力に感じることがあります。

それは、来店されるお客様と、実際のお店のギャップの解消。

どういうことかといいますと。
・来店してみて、期待していたお店と違った。
・こんなお店だとは思わなかったというクレームが減るのではないか?

当店の場合は、北海道のお店を連想されるのですが、

北海道=海鮮料理。
と思って来店されるお客様も多いです。

が、
実際は、北海道=ジンギスカン・じゃがバター・石狩鍋・ラーメンサラダと
海鮮メインというよりも、北海道の内陸部のグルメを提供する居酒屋が実際の姿です。

開店当初は、そのギャップに悩まされることも多くありました。

・海鮮とは一言もうたっていないのに、来店されたお客さんに文句を言われる。

個人の飲食店は、厨房の大きさも、出せるメニューもある程度絞って提供する形になります。

この記事を読んでいるなかには、これから独立をしたいと考えているサラリーマンさんもいるとおもいます。
こだわって店づくりをしたいと考えている方も大勢いるとおもいます。

こだわりは、お客さんに理解されないとクレームにつながります。

こだわればこだわると理解させるのが難しくなります。
事前にネット上で、たくさん自店舗の情報を掲載できれば、こだわりが伝わります。

いいねと共感してもらえるかどうか。

最初から、初めて来店するときからいいねと共感してもらえるツールとしてGoogle マイビジネスは使えると思います。

株式会社鳥取フーズ
個人飲食店開業サポート部

個人飲食店開業サポート内容
・焼鳥屋スクール(串刺し・焼き講座)
・料理初心者のための簡単な居酒屋料理スクール
・独立する彼、旦那さんを支えるための彼女・奥さんの仕込み講座
・お試し研修(展示会見学・厨房見学会)