【メディア掲載】旬刊政経レポート2018年3月25日号に掲載されました2018年3月28日

【メディア掲載】 ㈱山陰政経研究所発行の地元経済誌「旬刊政経レポート3月25日号」に鳥取フーズが紹介されました。 3月13日に開かれた図書館で夢を実現しました大賞の表彰式の記事に紹介されました。 以下政経レポート記事抜粋   図書館で夢を実現しました大賞 セブンハンドルが最優秀賞 「図書館を活用して、起業や商品開発に成功した事例を表彰する「図書館で夢を実現しました大賞」の表彰式が3月13日、倉吉交流プラザで開かれた。主催者の鳥取県立図書館は、県内の市立図書館などと連携してビジネス支援に取り組んでおり、平成25年度より隔年で、県内の図書館を活用して起業や商品開発、経営改善などに成功した事例の募集・表彰を行っている。優秀賞には、飲食店の開業と店舗改善をした㈱鳥取フーズ(鳥取市今町2-117)の吉田美麻代表が選ばれている。吉田代表が「北海道から鳥取に来て、何をしたらいいのか分からなかった時に力になってくれたのが図書館だった」と感謝の意を述べた。」   ㈱鳥取フーズは、鳥取県立図書館様のビジネス支援制度を活用しています。 これまでに、新規事業の事業計画の策定。 新商品の開発のマーケティング調査。 さまざまな分野についてご協力をいただき、一歩一歩解決してきました。   これからも、県立図書館をはじめとした支援機関のご協力をいただきながら、がんばっていきます。

【カレー試作事例】大人の女性向けの鳥取県産ジビエカレー2018年3月23日

【料理レシピ開発事例】 ●依頼者 株式会社 鳥取カレー研究所様 ●依頼内容 「40代から50代の大人の女性に向けたカレーを開発してほしい。」 「完成したカレーの試食会を関係者を集めて開催したい」 ●レシピ開発者 カレー研究家 吉田淳也(鳥取フーズ) 今回の料理のポイント ・依頼者である鳥取カレー研究所様のコンセプトから料理を考える。 コンセプトである「体に優しい天然素材で作ったカレーのルゥを開発、販売。鳥取をカレー王国として全国に発信しています。」 →鳥取県産ジビエである若桜町の鹿肉を提案する。 ・鳥取県農業試験場が開発したカレーに合うお米「プリンセスかおり」を使用したいという依頼者に合わせて →そのまま、雑穀米とのブレンド、米油とのブレンドの3種類を提案する 試食会場は、 弊社の直営店居酒屋「北の大地」にて開催。 試食会参加者数 鳥取カレー研究所様が招待された約30名の方が参加されました。 試食会の様子が2018年3月23日日本海新聞ワイド鳥取にて記事が掲載されました。

鳥取県立図書館主催『図書館で夢を実現しました大賞 』優秀賞を受賞しました2018年3月1日

鳥取県立図書館主催の 『第3回図書館で夢を実現しました大賞』優秀賞を受賞しました。 受賞内容は、飲食店の開業、店舗改善。 授賞式は平成30年3月13日(火) 午後1時30分~午後3時30分 倉吉交流プラザ 2階 視聴覚ホールにておこなわれます。 図書館で夢を実現しました大賞とは、 『平成25年度より隔年で、図書館のビジネス支援機能を広報するため、県内の図書館を活用し、起業、商品開発、技術開発、経営改善等に成功した事例の募集・表彰を行っています。』 今回、このような賞をいただき、たいへんありがたくうれしいです。 創業前から、鳥取県立図書館には独立に関係する書籍の閲覧。 創業してからも、料理の開発には、料理の専門書。 経理のことでわからないときは、経理の専門書。 その時々で必要になる情報を入手できる場所として活用してきました。 また、ビジネス支援として、中小企業診断士といった専門家に相談できるビジネス相談会。 こちらのビジネス相談会を活用することで、当社の経営課題を中小企業診断士の方と一緒に相談することで、 小規模事業者持続化補助金に採択されました。 商品開発の時には、よろず支援、鳥取県産業技術センター食品開発研究所を紹介いただき、新規事業の第一歩を踏み出すこともできました。 これからも、鳥取県立図書館のビジネス支援を活用させていただきます。 いつも、笑顔で対応していただける、県立図書館の三田様、岩崎様をはじめとする図書館の職員の皆様。 ありがとうございます。 これからもよろしくお願いします。 株式会社鳥取フーズ 代表取締役 吉田美麻

個人飲食店の無料店舗PR方法~Google マイビジネス(2)2017年11月8日

株式会社鳥取フーズ個人飲食店開業サポート部です。

今日は、無料で、簡単に店舗をPRする方法です。

今回ご紹介する方法は
Google マイビジネス」です。

機能としては、投稿。写真。を使用しています。

投稿機能はは、画像登録と、100文字から300文字の文章を載せることができます。

当社が運営するお店「北の大地」では、
・週末の空席状況
・お休みのお知らせ
・ライン@の友達追加の募集
・年末年始の営業のお知らせ

などを投稿しています。

投稿してすぐに、情報が反映されるので、お客さんに最新の情報を届けれるイメージです。
Google マイビジネスの魅力は3つあります。

①掲載費用が無料
②ブログ、フェイスブック、メールに慣れている方なら、操作が簡単。
③検索サイトであるグーグルマップの店舗情報に自分で情報を発信できる。

特に個人で飲食店を経営する場合、使える広告費に限りがあります。
その点、Google マイビジネスは無料で使えます。
無料で手軽に自店舗の情報を発信することができます。
また、難しい作業がないので、時間が掛からないのも魅力です。
費用が無料だとしても、作業時間が掛かる集客作業だと費用対効果が悪くなります。
特に、個人で飲食店を経営をしている場合は時間がいくらあっても足りないとなりがちです。
仕込みも自分。営業も自分。買い物も自分。経理も銀行の用事も自分となります。

毎日更新するとしても、1日に10分あれば更新作業が簡単に行えます。

タブレットで作業ができるので、仕込みに入った時間に写真を撮影。
今日の空席状況や、おすすめメニューを投稿するといった使い方もできます。

写真の機能は、画像を登録する作業だけです。
画像に説明文を入れる作業はないので、こちらも時間をかけずにアップしていけます。

項目として、
・店内の写真
・外観の写真
・食べ物や飲み物の写真
・メニュー写真
・スタッフの写真
と項目がわかれています。

グーグルのアドバイスに
『写真をたくさん登録すると表示回数が増えます』
というメッセージがありました。

アドバイス通りに、写真を登録していくうちに
表示回数が増えていきました。

始めたばかりは、他店と比較して表示回数が少なかった北の大地でした。
しかし、現在は、
写真を登録を増やして現在は表示回数がふえました。

写真の表示回数が増えるということは、お店の見込み客。
来店予備軍にお店の存在を知ってもらえるきっかけになります。

すぐに来店されなくても、何かのきっかけで来店してもらえるお客様。
そんなお客様を無料で集めることができるのは、個人飲食店として魅力です。

また、実際にお店を営業している立場として魅力に感じることがあります。

それは、来店されるお客様と、実際のお店のギャップの解消。

どういうことかといいますと。
・来店してみて、期待していたお店と違った。
・こんなお店だとは思わなかったというクレームが減るのではないか?

当店の場合は、北海道のお店を連想されるのですが、

北海道=海鮮料理。
と思って来店されるお客様も多いです。

が、
実際は、北海道=ジンギスカン・じゃがバター・石狩鍋・ラーメンサラダと
海鮮メインというよりも、北海道の内陸部のグルメを提供する居酒屋が実際の姿です。

開店当初は、そのギャップに悩まされることも多くありました。

・海鮮とは一言もうたっていないのに、来店されたお客さんに文句を言われる。

個人の飲食店は、厨房の大きさも、出せるメニューもある程度絞って提供する形になります。

この記事を読んでいるなかには、これから独立をしたいと考えているサラリーマンさんもいるとおもいます。
こだわって店づくりをしたいと考えている方も大勢いるとおもいます。

こだわりは、お客さんに理解されないとクレームにつながります。

こだわればこだわると理解させるのが難しくなります。
事前にネット上で、たくさん自店舗の情報を掲載できれば、こだわりが伝わります。

いいねと共感してもらえるかどうか。

最初から、初めて来店するときからいいねと共感してもらえるツールとしてGoogle マイビジネスは使えると思います。

株式会社鳥取フーズ
個人飲食店開業サポート部

個人飲食店開業サポート内容
・焼鳥屋スクール(串刺し・焼き講座)
・料理初心者のための簡単な居酒屋料理スクール
・独立する彼、旦那さんを支えるための彼女・奥さんの仕込み講座
・お試し研修(展示会見学・厨房見学会)

個人飲食店の無料店舗PR方法~LINE@2017年10月9日

株式会社鳥取フーズ個人飲食店開業サポート部です。

今日は、無料で、簡単に店舗をPRする方法です。

今回ご紹介する方法は
「LINE@」です。

当社が運営する
「ジンギスカン・焼き鳥・宴会 北の大地 鳥取駅前店」
にて、LINE@をはじめました。

今回、始めた理由として、
有料のグルメサイトのクーポンを利用されている既存客を
無料のLINE@に移行したい。
という目的がありました。

始めたばかりですが、
メリットが見えてきました。

LINE@は2017年現在
4種類の料金プランがあります。

今回は、無料のフリープランを選択。
経費0円でスタートできます。

・無料でできる
・友だち追加が簡単な操作で登録できる
・来店ポイント機能がついている
・クーポンが発行しやすい

といったメリットが見えてきました。

個人飲食店は広告費が限られています。

LINE@は、リピーターを作るのに適した告知ツールだと思います。


株式会社鳥取フーズ
個人飲食店開業サポート部

【サポート内容】
■展示会体験ツアー
■焼鳥の串刺し講座
■焼鳥の焼き方講座
■串揚げの串刺し講座
■厨房見学ツアー


個人飲食店の無料店舗PR方法~Google マイビジネス2017年10月8日

株式会社鳥取フーズ個人飲食店開業サポート部です。

今日は、無料で、簡単に店舗をPRする方法です。

今回ご紹介する方法は
Google マイビジネス」です。

実際に、利用されている店舗様も多いと思います。

Google検索、Googleマップに自店舗が掲載することができます。

当社が運営する

「ジンギスカン・焼き鳥・宴会 北の大地 鳥取駅前店」

今年の7月から実験的に始めました。

Googleで
「ジンギスカン・焼き鳥・宴会 北の大地 鳥取駅前店」
を検索。

「オーナーですか?」
のリンクをクリックし、画面に掲載された指示に従い、登録を完了しました。

登録後は、
店舗情報の登録。
店内写真、料理写真の登録を行いました。

最初の段階で写真の登録などをして、

その後は放置していました。

Google マイビジネスは1か月ごとに、
アクセス数、電話された回数などが送られてきます。

そのレポートをみて、
有料で契約しているグルメサイトと同じぐらいのリアクション。

実験的に、9月に
新ジャガイモが届いたという
画像を投稿しました。

その反応が1か月で214ビュー。

自店舗に興味がある人が見ていることを考えると
集客の可能性が広がります。

費用は無料。

既存の有料広告の反応がどんどん落ちている。

このままでは、費用対効果の高い広告媒体がなくなる。

という状況で、
無料で反応があるGoogle マイビジネスは可能性が広がります。

実験的に、
忘年会の告知。
LINE@の友だちの募集
などの情報を投稿し、
どのような反応があるか?

実験していこうと思います。

飲食店経営の先輩として、
これから、お店を開業しようと考えている方にオススメする理由は
・掲載費用が無料
・ネットのマップに自店舗の存在を載せることができる
・画像登録、メニュー登録などができるので自店舗のホームページ代わりになる。

費用がかからないので、どんな内容を告知していくとよいのか?
練習になります。



個人飲食店開業準備④いざ、保健所検査2017年6月22日

【個人飲食店開業支援実例】
保健所検査前にちょっとしたトラブルもありましたが、
無事に検査開始。

新しく飲食店営業するときの手続きの流れを簡単にまとめると

1【事前相談】
2【営業許可申請】(書類の提出)
3【施設検査の打合せ】
4【施設の確認検査】
5【営業許可書の交付】
6【営業開始】

といった大まかな流れがあります。

今回は手続きの流れの
4【施設の確認検査】となります。

施設が申請のとおりか、施設基準に合致しているかを
保健所の担当者が確認します。

  • 検査の際は営業者が立ち会うことになっている。
  • 施設基準に適合しない場合は許可がおりない。
  • やり直しの場合は、指摘された改善箇所を直し、再検査となる。

「どんな感じで検査されるか?」
「どんなことを聞かれるのか?」
初めてのことで不安になるかもしれないが、
施設の確認検査という通り
決められた通りの基準になっているか?
を確認する検査なので、
事前に保健所に相談した際に指摘されたことができていれば問題ない。

今回の検査も、その基準ができているかどうかを
申請した図面をもとに一つ一つ確認された。

全部の確認が済むと、
どんな料理を出す予定なのか?
営業時間は何時から何時まで
と聞かれて検査終了。

無事に検査が通った。

検査終了後に、
依頼者に「ありがとう♪緊張して、
頭が真っ白になったときに、代わりに答えてくれて。」

といわれたが、
何回も経験してもこういった場面が苦手な人も多い。

緊張して、質問内容が理解できず、
再検査になってしまった。
という声も聞く。

緊張しなくても大丈夫ですよ
といっても緊張するものはすると思うので、
対応としては、
事前準備をすること。

事前準備とは、
事前相談で指摘された箇所は、
検査当日確実に確認される場所なので、
保健所に申請した営業許可申請書のコピーを用意。
特に営業設備の配置図を見ながら、
保健所の方は検査するので、
同じ営業設備の配置図を持ちながら、
検査員に質問されたときに
答えると緊張しながらも、
しっかりとした受け答えができる。

また、今回の依頼者のように、
一緒に立ち会ってくれる人がいると一人の時よりも
緊張しないで対応ができる。
身近に、一緒に立ち会ってくれると心強い人がいれば、
その人に頼んで検査に臨めば、緊張して失敗したといいことは減ると思う。

株式会社 鳥取フーズ
個人飲食店開業支援部

 

 

個人飲食店開業準備③保健所の検査前にトラブルが2017年6月21日

【飲食店開業支援事例】

今日は、保健所の検査日。
依頼者と一緒に立ち会いました。

現地集合。

何か問題があれば、
雑用ができるように少し早めに現地に向かう。

検査時間の30分前に到着。
現地に依頼者の姿がない。
物件は開いていない。

「あれ、ずいぶんゆっくりしているな」

てっきり、昨日の電話で
大家さんと一緒に立ち会うという段取りになったと聞いていたので。

5分後、依頼者が慌てた様子で到着

トラブル発生。

鍵がない。鍵が届かないので物件が開けれない。

朝に、大家さん、不動産屋さんにに電話しても連絡がつかない。

幸い、物件からは、仲介した不動産会社が近いので、
依頼者が直接いってみることに。

その間、物件の前でお留守番。
留守にしている間に保健所さんがきたら、
依頼者に代わって状況を説明しようと思いました。

無事に不動産会社さんに連絡がついて鍵到着。

物件のドアを開けて保健所の検査時間がぎりぎりセーフ。

開業準備にあたって、
必ず、問題はなにかしら発生するもの。

鍵がないときは、
頭の中で、この後の対策をねっていました。

不動産会社か、大家さんに連絡がつけば、どれくらい遅れるかを聞いて、
すぐこれそうなら、保健所に少し現場で待ってもらえるように交渉しよう。
また、午後の検査に変えてもらえるようにお願いしてみよう。

このまま連絡がつかず、鍵が届かないときは、最悪、検査日が遅くなる。
今日検査が明日検査できるかは、ほかの検査があるかどうか?
ちょうど、空いていたのがたまたま相談にいった次の日というだけで、
予定が入っていれば、次の検査はだいぶ先になることもあるかも。

そうなれば、ほかの作業をどんどん進めて、
保健所の検査が通って、営業許可書がくれば
即開店という段取りを立てないといけないな。

頭のなかで、大まかな段取りを立てて、
もし今日間に合わなくても、大丈夫。
というところまでは考えました。

とりあえず、無事に検査をすることができました。

株式会社鳥取フーズ
個人飲食店開業支援部
鳥取県鳥取市今町2丁目117番地
マスミビル3F